LIVING space
&
MA
Design
 
profile works news blog お問合せ 
 

日本には四季がある。

暑かったり、寒かったりの変化に対応する苦労はあるが
そのことで様々な風情が生まれるわけで悪いことばかり
ではなく、それが“日本らしさだ”とも言える。

そんな日本の住まいは、吉田兼好の徒然草曰く
「家のつくりやうは、夏を旨とすべし」としていた。
それは、冬は火を使い温まれるが、夏は日陰や風通しで
涼むしかなかったからだ。
しかし、エアコン等で快適さを得ることが出来る現代は
「~は、冬を旨とすべし」かもしれない。何故なら、夏
より冬の方が空調等の使用量、期間が多く長いのでより
多くのエネルギーが必要だからだ。

今、世界では「いかに少ないエネルギー消費で快適さを
得るのか」という流れで動いている。日本もしかりだ。


「家のつくりようは、夏も冬も大切だ」ということ。


               〝これからの住宅
 Copyright©2011 LIVING space & MA Design All Rights Reserved.